利用規約

サクラス生限定タブレットレンタル契約条項

お申込の前に約款をご確認及び同意の上お申込みください。
必ず親権者または未成年後見人の方がお申込みください。

第一条(本約款(本規約)の範囲及び変更)
  1. 本規約は、株式会社葵(以下「当社」といいます。)が運営する、オンライン上で提供する遠隔教育サイト「アオイゼミサクラス」(以下「サクラス」といいます。)のサービスの利用資格を得た会員かつタブレットのレンタルを希望する会員が利用することに伴い、会員は本規約に同意するものとします。
  2. 本規約はサクラスの会員であり、タブレットのレンタルをし、またはレンタルを希望する会員(以下「会員」といいます。)について定めたものです。
  3. 本規約は会員にタブレットの利用条件、料金、期間、マナー、その他を規定したものです。
  4. 当社は、会員の承諾なしに本規約に新たな規定を追加及び変更できるものとします。会員は、当社からオンラインあるいはその他の方法で提示される運用規定・約款またはその他の諸規定・約款の追加及び変更を承諾するものとし、また、それらは本規約の一部を構成するものとします。
第二条(レンタル物件)
当社は会員に対して、当社指定のタブレット端末(Apple社のiPad端末)(以下「物件」という)をレンタル(賃貸)し、会員はこれを借り受けます。
第三条(レンタル期間)
  1. レンタル期間はレンタル開始日(以下「開始日」という)からサクラス受講完了日まで、または本契約を解約した日までの期間とし、会員がサクラス受講料とレンタル料を支払った日を開始日とします。
  2. 前項のレンタル期間は会員がサクラスを退会した日までとします。
第四条(各種料金と料金規則)
  1. 会員は、定められた金額および支払種別によって、当社に支払うものとします。
  2. 会員は当社に対して、サクラス受講料とレンタル料の支払いを同時に支払うものとします。
  3. レンタル料は月額でお申し込み時のサクラスホームページ記載の料金とします。一括払い、まとめ払いはできません。また、キャンペーン等によりサクラスホームページ記載の料金は変動します。
  4. 初回のレンタル料は本契約申込日、または当社が指定した日に発生し、サクラスの利用継続後は、サクラスの契約更新日に発生し、毎月払いとします。
  5. レンタル料請求日に関しては第五条をご確認ください。
  6. 当社指定の期間(第五条記載)内に入金の確認が取れなければ、物件のレンタルの停止、サクラスの利用を停止または、会員資格を抹消します。
  7. 日割りによる返金、レンタル料の減殺・相殺等はしません。
  8. 物件のレンタルは、1か月契約とし、解約の申請が無い限り、同契約が自動更新するものとします。
  9. レンタル料が未払いの場合は当社から督促状をメールまたは郵送させていただく場合があります。
  10. 再度の入会を希望する場合においても、不履行を起こした分の受講料全額が既払いとなっていることが確認できない限り、サクラスへの入会の申請は受け付けされません。
  11. 領収書に関しましては、各金融機関発行の明細票が、正規領収書としてご利用いただけます。当社による領収書の別途発行はおこなっておりません。
第五条(お支払種別と請求日について)
  1. クレジットカードによる場合
    • (一)ご利用いただけるクレジットカード(以下「カード」といいます。)はVisa、MasterCard、Diners Club、JCB、American Expressです。
    • (二)当社にカード支払いの変更または解除の申し出をされない限り、入会時登録されたカードにより、毎月、継続的にレンタル料をお支払いいただきます。
    • (三)会員が退会の意思を当社に通達するまで、毎月のカードへの課金を承諾するものとします。
    • (四)当社とのご契約における「お客さま番号」が変更になった場合は、変更後の「お客さま番号」で引き続きカードによりレンタル料をお支払いいただきます。
    • (五)カードの番号・有効期限に変更があった場合や紛失等が発生した場合は遅滞無く、会員から当社に変更手続きをおこなっていただきます。
    • (六)クレジットカード会社(以下「カード会社」といいます。)により、会員番号、有効期限が変更された場合であっても、引き続きカードによりレンタル料をお支払いいただきます。
    • (七)カード会社の締切日と当社のレンタル料のお支払日の関係などにより、カード会社より2か月分のレンタル料がまとめて請求される場合があります。
    • (八)カード会社の規約により、レンタル料についてカードでのお支払いが承認されない場合や会員資格を喪失された場合等は、カードによるお支払い以外の方法により当社から直接請求させていただきます。
    • (九)会員の名義とカードの名義は同一の名義を原則とし、会員と同一人物以外からのお支払いは認められません。但し、同居親族または未成年後見人のみ異なるカード名義を利用でき、当社と会員の間に締結された約款にもとづくレンタル料のお支払いを、カードの名義の方に代理させる場合は、カードの名義の方はこれを承諾したものとみなします。
    • (十)会員の名義とカードの名義が異なる場合、当社からの各種通知や連絡については、原則としてカードの名義の方におこないます。また、会員はこれに同意したものとします。
    • (十一)未払金が発生した場合に、当社が未払金を請求することを会員は承諾する。
  2. コンビニ後払いの場合
    • (一)レンタル料は別途ハガキが郵送されます。ハガキに記載された支払い期日までにお支払いいただきます。
    • (二)振込等による手数料は会員負担とします。
    • お取り扱いできるコンビニエンスストアは「払込取扱票」の裏面にご利用いただけるコンビニエンスストア一覧によります。
      ※対応コンビニエンスストアは株式会社ネットプロテクションズの提供する「NP後払い」のサービスに準じます。サービス提供元の都合により予告なく変更となる場合がございます。
      ※銀行窓口・郵便局・LINE Payでのお支払いも可能です。その場合、お支払い手数料はお客様ご負担になります。
    • (四)会員は、第四条で定めたレンタル料のお支払いをコンビニ後払いでの振込による申し込みをした時点で受講料のお支払い義務が株式会社ネットプロテクションズに移転することを承諾し、その後の取扱については株式会社ネットプロテクションズの「NP後払い」のサービスに関わる定めによります。
    • (五)未払金が発生した場合に、当社が未払金を請求することを会員は承諾します。
第六条(レンタル料の未払いについて)
  1. レンタル料の未払い金のお支払種別は当社が指定したものとします。
  2. レンタル料の未払い金が生じた場合は、通知・催告無しに物件のレンタルの停止または、サクラスの提供を停止する場合があります。
  3. レンタル料の未払い金をお支払する意思が無いと当社が判断した際は、即時サクラスの提供を停止し、会員の退会の手続をとるものとします。会員はこれに異議を述べることはできません。
第七条(物件の引渡し)
物件の引渡しの方法は当社が決定し、会員はこの決定にしたがうものとします。
第八条(担保責任)
  1. 当社は会員に対して、引渡し時において物件が正常な性能を備えていることのみを担保し、物件の商品性、および会員のサクラス以外の使用目的への適合性については担保しません。
  2. 会員が、物件の引渡しを受けた後48時間以内に、当社に対して、物件の性能に欠陥がある旨の通知をなさなかった場合は、物件は正常な性能を備えた状態で会員に引渡されたものとします。
第九条(物件の使用保管)
  1. 会員は、物件を善良な管理者の注意をもって使用、保管するものとします。
  2. 会員は、当社の書面による承諾を得ないで物件の譲渡、転貸、改造をしません。
  3. 会員が物件の引渡しを受けてから返還するまでの間に、物件自体またはその設置、保管、使用によって第三者に与えた損害については、会員がこれを賠償します。
第十条(物件の滅失、毀損)
  1. 当社の責に帰すべき事由により、物件が滅失(修理不能、所有権の侵害を含む、以下同じ)または毀損(所有権の制限を含む、以下同じ)した場合、当社は会員に対し、物件と同等の性能を有する代替物件(以下「代替物件」という)をすみやかに引き渡すものとします。
  2. 会員の責に帰すべき事由により、物件が滅失または毀損した場合、会員は当社に代替物件の交付申請を行い、当社は会員へ物件と同等の性能を有する代替物件を引き渡すもののとします。引渡しまでに有する期間について、会員がサクラスを利用できなかった当社の責任は免責されます。既存物件は当社に返還するものとし、返還後に代替物件を引き渡すものとします。既存物件の修理が可能な場合その修理代金を、修理が不能な場合には代替物件の購入代金を会員は当社に支払います。
  3. 当社または会員いずれにも責に記すべき事由がなく、物件が滅失または毀損した場合、第13条2項に従って、当社が端末の修理または代替物件への引き渡しを行うものとします。引渡しまでに有する期間について、会員がサクラスを利用できなかった当社の責任は免責されます。
第十一条(物件の輸出)
  1. 会員は、物件を日本国内で使用するものとします。
  2. 会員は、物件の輸出はできません。また、当社は物件を輸出しません。
  3. 海外在住の会員はレンタルの対象外となります。
第十二条(物件の譲渡等の禁止)
  1. 会員は物件を第三者に譲渡し、または物件について質権、抵当権および譲渡担保権その他一切の権利を設定することはできません。
  2. 会員は、物件について、強制執行その他法律的、事実的侵害がないように保全するとともに、もしそのような事態が発生したときは、直ちに当社に通知し、かつすみやかにその事態を解消させます。
  3. 前項の場合において、当社が必要な措置をとったときは、会員は当社の支払った一切の費用を負担します。
第十三条(故障対応)
  1. 端末が故障または使用不能になった際、会員は当社カスタマーサポートに連絡するものとします。
  2. 前項により会員の責任以外の事由で故障または使用不能と当社が判断した場合、当社は物件の修理または交換をします。参考例示としまして、水濡れ、落下等による故障または、会員以外の者が操作しての故障は、会員の責任による故障となり、会員の費用負担で交換または弁済となります。また、返却または交換時に利用者が当社に送付したiPad及びその付属品に他の物品が取り付けられていた場合は、iPadの返却・交換時において利用者はその所有権を放棄したものとみなし、iPadに残されたID、パスワード等を含むすべてのデータについてもその利用権(著作権、肖像権その他無題財産権の全てを含む)も放棄または抹消の許諾をしたものとみなし、当社は、利用者の個別の承諾なしにこれらのすべてを破棄できるものとし、利用者はこれに異議を述べないものとします。
第十四条(解約)
  1. 会員は、書面またはお問い合わせフォームからの申請により、本契約を解約することができます。
  2. 解約するときに、会員は物件を代替物件の購入代価にて買い取ることができます。
第十五条(解約費用)
解約費用はございません。
第十六条(債務不履行)
会員が、次の各号のいずれか一つに該当した場合、当社は催告をすることなく会員に対する通知のみにより本契約を解除することができます。この場合、会員は当社に対して物件の返還または、代替物件を購入する費用と同額を返金するものとします。
①レンタル料その他の金銭債務の支払を遅滞し、または本契約の条項の一つにでも違反したとき。
②保全処分、強制執行、滞納処分を受け、または破産、会社更生、特別清算、民事再生手続き、その他これらに類する手続きの申し立てがあったとき。
第十七条(物件の返還)
  1. 会員は当社に対して、レンタル期間の満了、解約、解除、その他の理由により本契約が終了した場合、物件を原状に復したうえで、直ちに当社の指定する場所に会員は返還します。なお、物件に蓄積されたデータ(電子情報)がある場合には、そのデータを消去して返還するものとし、返還を受けた物件にデータが残存する場合、残存するデータの漏洩等に起因して会員その他第三者に生じた損害に関して当社は一切責任を負いません。
  2. 返還時に利用者が当社に送付したiPad及びその付属品に他の物品が取り付けられていた場合は、iPadの返却・交換時において利用者はその所有権を放棄したものとみなし、iPadに残されたID、パスワード等を含むすべてのデータについてもその利用権(著作権、肖像権その他無題財産権の全てを含む)も放棄または抹消の許諾をしたものとみなし、当社は、利用者の個別の承諾なしにこれらのすべてを破棄できるものとし、利用者はこれに異議を述べないものとします。
  3. 会員が当社に対する物件の返還を遅延した場合、その期限の翌日に本物件を代替物件の購入代価にて買い取ったものとする。その際の代金等はサクラスの受講料に加算し、別途その代金の残額等を請求する。
第十八条(ソフトウェア複製の禁止)
会員は、物件の全部または一部を構成するソフトウェア製品(以下「ソフトウェア」という)に関し、次の行為を行うことはできません。
①有償無償を問わず、ソフトウェアを第三者へ譲渡し、またはその再使用権の設定を行うこと。
②ソフトウェアを本契約以外のものに利用すること。
③ソフトウェアを複製すること。
④ソフトウェアを変更または改作すること。
第十九条(支払遅延損害金)
会員が本契約による金銭債務の履行を遅延した場合は、会員は、当社に対して、支払期日の翌日より完済の日まで年率16%の割合による支払遅延損害金を支払います。
第二十条(損害賠償)
当社は、本契約に違反したことに起因して会員に損害を与えた場合、その損害を賠償するものとします。ただし、当社に故意または重大な過失があった場合を除き、当社の賠償する損害は、直接損害に限られ、間接的または派生的に発生した損害(逸失利益や休業損害を含みます)は含まないものとし、また、第三条に定めるレンタル期間に対応するレンタル料相当額を上限とします。
第二十一条(反社会的勢力の排除)
  1. 会員は、現在および将来にわたり、次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、保証します。
    ①暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団その他これらに準ずる者(以下これらを「暴力団員等」という)
    ②暴力団員等に経営を支配され、または経営に実質的に関与されていると認められる関係その他社会的に非難されるべき関係にある者
    ③自己もしくは第三者の不正利益目的または第三者への加害目的等、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係にある者
    ④暴力団員等への資金等提供、便宜供与などの関与をしていると認められる関係にある者
  2. 会員は、自らまたは第三者を利用して次の各号の一にでも該当する行為を行わないことを確約します。
    ①暴力的または法的な責任を超えた不当な要求行為
    ②脅迫的な言動、暴力を用いる行為をし、または風説の流布、偽計もしくは威力を用いて当社の信用を毀損し、または当社の業務を妨害する行為
    ③その他前各号に準ずる行為
  3. 会員が前2項に違反したときは、当社は、催告のみならず通知も行なわず本契約の全部または一部を直ちに解除することができます。これにより会員に損害が生じた場合にも、当社はなんらの責任も負担しません。
第二十二条(分離可能性)
本利用規約のいずれかの条項または一部が、消費者契約法その他の法令等により無効または執行不能と判断された場合であっても、本利用規約の残りの規定及び一部が無効または執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有し、当社及び会員は、当該無効若しくは執行不能の条項または部分を適法とし、執行力を持たせるために必要な範囲で修正し、当該無効若しくは執行不能な条項または部分の趣旨並びに法律的及び経済的に同等の効果を確保できるように努めるものとします。本利用規約のいずれかの条項または一部が、ある会員との関係で無効とされ、または取り消された場合でも、当該条項または一部は、その他の会員との関係では有効とします。
第二十三条(本利用規約上の地位の譲渡等)
当社がサクラスについての事業を他社に承継した場合(事業譲渡、合併、会社分割による場合を含みますが、これらに限られません)には、利用契約上の地位、本利用規約に基づく権利及び義務ならびに会員の登録情報その他の顧客情報を譲受人に承継できるものとし、会員は、かかる譲渡について予め同意したものとみなします。
第二十四条(準拠法及び裁判管轄)
  1. 本規約に基づく権利または法律関係には、日本国の法令を適用するものとします。
  2. 会員と当社との間で本規約について訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の合意管轄裁判所とします。

附則:
2015年07月01日制定
2016年01月28日改定
2017年03月31日改定
2019年02月14日改定